伊豆では早咲きの河津桜が見頃となっています。
折しも昨日から、河津川沿いの『河津桜まつり』南伊豆の『みなみの桜と菜の花まつり』がスタート。
今日も、県外ナンバーの車がいっぱい南下して行きました。

20200130_みなみの桜
1/30 道の駅下賀茂温泉・湯の花より撮影


そんな混雑を避け、今日は伊豆の瞳と呼ばれる一碧湖(いっぺきこ)へ行ってきました。
伊東市にある1周4kmの小さな湖です。
大室山や矢筈山と同じ、伊豆東部火山群のひとつ。
約10万年前の噴火でできた火口湖なんです。
爆発的な噴火で出来た火口に火山灰が降り積もり、水がたまって出来たんですね。

20200211_オオバン_
湖面を泳いでいるのは、真っ黒な水鳥『オオバン』
お互いに羽繕いをしたり、とっても仲良しで見ていて微笑ましかったです。


一碧湖の湖畔にも桜の木があり、ここでも三分咲き。
20200211_桜_



約4000年前に噴火した大室山の溶岩が流れ込んで作った、十二連島。
島が十二個あるのかな?
20200211_十二連島


木々が落葉しているこの時期は野鳥がよく見つかります。
先日、野鳥観察会に参加したこともあり、散歩していても鳥が目に付きます。
こちらはヤマガラ。
20200211_ヤマガラ


地面を歩いていたツグミ。
20200211_ツグミ

知ると楽しい♪
わかると楽しい♪
見つけられると、もっと楽しい♪

そんなガイド目指します。
リクエストお待ちしております。