先週末は奥日光へ行ってきました。
私の所属するガイド協会の研修参加と、スノーシューの個人ガイドとその前の下見でした。
初日は下見を兼ねて、戦場ヶ原をスノーハイキング。

0113
 
雪の上は、スノーシューを履いて歩きます。
スノーシューとは、西洋カンジキ。雪の上を歩く道具です。
新雪の上は足が沈んじゃいますよね。
スノーシューをつけると面積が増えるので、それほど沈まずに歩くことが出来ます。


これを付ければ、踏み跡がなくたってへっちゃら!
0113_スノーシュー



ベンチやテーブルがカマボコになってました。
0113_かまぼこ

 
土曜日は、研修。
湯元の金精の森を歩きました。
0114_凍裂

戦場ヶ原よりも雪がふかふかで、気持ちいい♪
先頭を歩くのは大変なので、みんなで交代して歩きました。

途中、弱層テストをして雪崩の危険性の見極めや、
ツエルトを使っての簡易トイレの作り方、傷病者を運ぶ方法などを実施しました。


気温は氷点下12℃。
0114_気温-12℃



帰りに、湯の平湿原にある源泉へ。
0114_湯の平湿原



小屋の中で源泉が自噴しています。
そこから流れ出る源泉のおこぼれで手湯。冷たかった指先が一瞬でホカホカになりました。
0114_源泉で手湯



日曜日は、個人ガイドでのスノーシュー。
前日と同じ金精の森を歩きました。
0115_スノーシュー

前夜に雪が降り、さらに深雪となった森の中を先頭を交代しながら歩きました。


森の中では、雪の上にシカやウサギなど、いろんな動物足跡が見られました。
鳥にも出会えました。
こちらは、ゴジュウカラ。
頭を下に向け、木の幹を下りることが出来る唯一の鳥。
0115_ゴジュウカラ

 

雪の中でのランチは、温かいものがベスト。
それぞれカップラーメンやスープ、デザートにお汁粉を頂きました。
0115_ランチ
瞬時にお湯が湧くジェットボイル、オススメです。



温泉が御神体の日光温泉寺に寄り、源泉で手湯をして帰ってきました。
0115_温泉寺