今日は昨日と打って変わって小春日和。
ポカポカと、いや日向は暑いくらいのダイビング日和となりました。

折しも今日は年に一度の漁火ナイトダイビングの日。
ナイトまでたっぷり3本潜ってきました。

浅場はウネリで巻き上がったゴミが舞っていましたが、
水は青く、透明度は15m以上、水温も22℃ありました♪
そして南方系の人気生物がいっぱい観察出来ました。


毎年11月頃から出現するフリソデエビ。
1112_フリソデエビ
今年もやってきてくれました。
なんと、実は2ペアいるらしいです。


テングチョウチョウウオの幼魚。
1112_テングチョウチョウウオ

チョウチョウウオの幼魚は浅場に多いのですが、
テングチョウチョウウオはわりと深目(16m)にいました。


約1cmのマツカサウオの赤ちゃん。
1112_マツカサウオ
アジ根の亀裂に移動していました。



浅場でフラフラしているカミソリウオ。
1112_カミソリウオのペア
サイズがだいぶ大きくなってきましたね。



そして、漁火ナイト。
1112_漁火ナイト
月明かりと漁火の光と、ダイバーのライトの光が幻想的でいい雰囲気でした。


夜の色になって寝ているシラコダイ。
1112_シラコダイ夜






なんと、白くま発見!
1112_シロクマ

クマドリカエルアンコウ。
昼間に『白くまいないかなぁ~』って思いながら潜ってたら、ナイトで登場!
自分でもぴっくりでした。
明日からも観察出来るといいな。