梅雨明けしてからというもの海に潜るより、
富士山に登る方が多いという逆転現象が起きているぴっころです。

先週は、1週間ほど泊まり込みで富士山へ。
富士山を登ったり、下ったりといろんな富士山を歩いて来ました。


富士山吉田口登山道マップ
吉田口登山道

中学生と一緒に吉田口の馬返しからスバルライン五合目までの登山。
足が痛い・・・とポロポロ涙を流しながら、それでも一生懸命歩いていた女の子が印象的でした。

四国からのバスツアーのお客様とは、
スバルライン五合目から北口本宮浅間神社までの登山道を下るダウントレッキング。

下りなら私でも・・・!と毎朝1時間のウォーキングをして参加の78歳の女性の方は、
初めての富士山を、花をめでたり、歴史の面影残る登山道を歩き楽しんでいらっしゃいました。


五合目は森林限界。
五合目から下は、森の中でお花もいっぱいです。
トモエシオガマ
トモエシオガマ


ヌスビトハギ  
ヌスビトハギ



御神猿

馬返しの鳥居のそばには、狛犬ではなく、猿の石像が。
庚の申年に富士山が出現したという言われからのお猿さん。
御神猿、神様の守り神です。
今年は申年、富士山も申年、私も申年。

富士登山というと、五合目から頂上を目指し、ご来光を見る!
というのがパターン的に圧倒的で、それにこだわり過ぎる傾向にありますが、
それぞれのいろんな富士登山があります。
自分なりに富士山の自然を、歴史を楽しんで下さいね。