今日は5ヶ月ぶりのダイビングというゲストSさんと一緒に八幡野で潜って来ました。
最後に潜ったのは5月ということで、今年の夏はウエットスーツで潜らなかったなぁと
寒がりな彼女はドライスーツに、せめてフードはなしで海を感じながら潜っていました。
まだ水温は21~22℃あるので、ウエットでも潜れるんですけどね。
寒がりな方はドライスーツになってきている今日この頃です。


海の中は、うねりで浅場は揺れていますが、透明度も良好。
15mは見えていると思います。

おなじみクマノミとミツボシクロスズメダイの幼魚。
1023_クマノミ
今年はミツボシクロスズメダイの幼魚がいっぱい出現してます。



中層にはアカカマスの群れがキレイでした。
アカカマスを見てるとサンマが食べたくなるのは私だけでしょうか。
1023_カマスの群れ




行方不明になっていたキリンミノの幼魚が復活。
1023_キリンミノ

近くにいたハナタツも復活。
いったいどこへ隠れていたんでしょう。
そんな生物との一期一会が楽しいんですけどね。



ウネリで舞い上がる海藻にまぎれながら、赤いカミソリウオが砂地を漂っていました。
1023_カミソリウオ赤
他にも黒や緑色といろいろいたようです。



潜水地:八幡野ビーチ
気温:21℃
水温:21~22℃
透明度:15m
観察した生物:ホシエイ、ネコザメ赤ちゃん、ベニカエルアンコウ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ
コガネキュウセン幼魚、カミソリウオ、ツノダシ、マツカサウオ幼魚、イソギンチャクエビ・・・