一昨日、鳳凰三山に行ったとき、行方不明の70代登山者の捜索活動が行われていました。
別々に下山した仲間から、まだ1人下山してこないと捜索願が出されたそう。
ヘリコプターからは「××さん、聞こえたら大きく手を振って合図してください」とマイクの声。
自分の位置を知らせる方法、どんなことができるだろうかと考えちゃいました。

笛を吹く、目立つ色の上着を振る、火をつけて煙で知らせる・・・

結局は、下山予定から2晩たった日に、手を振っていた登山者をヘリコプターが発見。
無事に保護されたとのことで、良かった良かった。
原因は道迷いだったとのことです。

ダイバーも一緒ですよね。緊急時は浮上し、水面で浮力確保は必須。
BCについている笛を吹く、ハンマーヘッドを鳴らす(音)
水中ライトや鏡で光を反射させる(光)
目立つ色のフィンを振る、シグナルフロートを上げる(色)

何にもなければやらないことだけど、
たまには自分の器材や装備、そして緊急時のスキルも確認しておきましょう。

1011_フロート
シグナルフロートを上げる講習生のHさん。


ということで、昨日、今日とで海洋実習が終わり、新たにダイバーが誕生しました。
8月に体験ダイビングに参加、『もっと深く行きたい!』と今回、ライセンスに挑戦。
1011_OW

今日、潜っていて水深10mを超え、水中世界が広がりを見せたときの笑顔が印象的でした。
Let’s Enjoy Safety Diving!