昨夜から今朝にかけての嵐はすごかったですね。
案の定、八幡野の海はウネリが大きくクローズ。
ということで、富戸のヨコバマへ行って来ました。

エントリーすると、くらげ、クラゲ、水母、海月。
まるでナタデココの中を潜っているような不思議な感じでした。
あ、このクシクラゲの仲間は、刺さないのでご安心を。

この大きなクラゲはユウレイクラゲ
中にいるのは、ハナビラウオ
身体の回りに粘液を出し、クラゲの毒から守っているとのこと。
撮影のために近づきすぎて、クラゲの触手に触れないようにお気をつけください。

1002_ユウレイクラゲ




1cm程度のイロカエルアンコウ
1002_イロカエル




ヨスジフエダイとロクセンフエダイ
1002_ヨスジフエダイ
黒い点が入っているのがロクセンフエダイ。
混じって泳いでいました。



アカヒトデを食べるフリソデエビ
1002_フリソデ

アカヒトデのオレンジ色が映えますね。



セスジミノウミウシ
1002_セスジミノウミウシ


潜水地:富戸・ヨコバマ
天候:晴れ
気温:27℃
水温:23~24℃
透明度:10~12m