昨日は、長野へ行って来ました。
長野県は阿智村で開催された全国自然環境会議に出席するためでした。

地元の新聞記事


なんだそりゃ?って感じですよね。私も1ヶ月前まではそうでした。
2ヶ月ほど前に、私は日本山岳ガイド協会の自然環境委員に任命されました。
その委員会は、年に一度の自然環境会議を運営する会ということで、
いろいろ裏方のお手伝いと思ったら、この業界には珍しく、海の中を案内している!ということで
当日のパネルディスカッションのパネリストまで、頼まれてしまいました。。。


パネリスト

パネリストは3人。
私の他は、阿智村の観光協会の副会長と、尾瀬で活躍されているベテランの登山ガイドの方でした。


テーマは『エコツーリズムと自然ガイド』
エコツーリズムとは、自然環境や歴史文化を対象とし、それらを体験し、学ぶとともに、
対象となる地域の自然環境や歴史文化の保全に責任を持つ観光のありかた
」となっています。
(環境省のHPより)

って考えると、ダイビングもエコツアーのうちのひとつですよね。
海という自然を体験し、学び、海の保全に責任を持つ観光のあり方って。
ダイバーの皆さんもダイビングインストラクターもあまりエコツアーって意識はないと思いますが。

ま、今回は、海にあって山にないこと、山にあって海にないこと、
ダイバーが山に行くようになって変わったこと、などをお話しました。

いくつか質問され、自分の勉強不足に冷や汗を流しながら、なんとかディスカッションを乗り越えました。
他のパネリストの方のお話は参考になったし、こういう場に参加させて頂きいい経験でした。

そうそう、帰りに立ち寄った阿智村の昼神温泉は、お肌つるすべでとてもいいお湯でした♪
ゴンドラにのって山頂でみる『日本一の星空ナイトツアー』や
江戸時代の雰囲気あふれる宿場町など、いろいろ見所もいっぱいです。
私も今度はゆっくり観光をしに行きたいなぁと思っています。