今、使っているマスク。
気づけば、沖縄時代GULLのアビームからこれに変更し、かれこれ10年くらい使ってる。
たしか、前の職場で新商品のモニター品でもらったもの。
丸いフォルムでコンパクトな女性用一眼マスクってことで、発売されたこのマスク。
レンズに小さくイルカのマーク入りだったけど、既に消えてる(^_^;)

壊れないと換えないんですよね、気に入った器材って。
でも、スカートにコケが生え、それが固着してとれなくなっていたので、新しいスカートに交換。
新しいマスク買え!って声が聞こえそうですが、まだ使えるものはもったいないし。
ついでに、インナーフレームを赤いのに変えて、お色直し。
これでオリジナルのマスクの出来上がり♪

TUSA『TINA』ぴっころオリジナルバージョン
マスク、リニューアル
赤い部分のフレームを好きな色に変えられます。
こういうちょっとした工夫で、器材に愛着わいてさらにダイビングが楽しくなりますね。



こちらが使い古したスカート。
使い古したスカート
変色してるし、黒いカビ?コケ?も・・・。
コレを顔につけてたかと思うと・・・ぞっとしますね。


 
ちなみに今日、ボートでのポイントリサーチで初めて使用。
そしたら、マスクが曇る曇る。で、マスククリアしっぱなしで、鼻水ズルズル。
透明度がイマイチなのか、マスクが曇るせいなのか、よくわからない海でした。

新しいスカートだから曇るのかと思ったら、ボートでの移動中に波をかぶり
曇り止めが完全に洗い流され、効果ゼロとなってしまったようです。
市販の曇り止めと違って、粘液の少ないやしのみ洗剤の曇り止め、洗い流しすぎに注意です。