天気予報どおりに雨が降るなら、その前に潜ろうと午前中に1本潜ってきました。
目下の一番人気は、やっぱりエビの女王様『バルスイバラモエビ
今日も大きなタンクを担いで潜っているダイバーが多かったです。

バルスに出来ている人だかりを横目に私は、この子を撮影してきました。
やはり深いところにあるスナイソギンチャクに生息しているハクセンアカホシカクレエビ。
ちなみに右側は、普通のアカホシカクレエビです。

2013-2-15ハクセンアカホシカクレエビ@八幡野  アカホシカクレエビ
(画像をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)

違い分かりますか?
ハクセンは全体的に透明感があって、上半身に白いベルトを巻いてる感じですね。

他にも大きなマトウダイもいたとか・・・。
水温が低いこの時期、深い方からいろんな生物が上がってきていい海となってます。
くれぐれも残圧チェックとダイブコンピューターの限界を超えないようにお楽しみ下さい。

水温:13~14℃
透明度:8~15m