こんにちは。伊豆高原の道路の混雑状態を見ると、さすが三連休。
河津桜祭りもスタートしたので(開花はまだですが)南下する車で国道が混雑しています。

去年の11月以来のダイビングとなるお客様と一緒に八幡野で潜ってきました。
冬の伊豆の海・・・寒そう・・・と尻込みをされていた様子ですが、
「案外寒くないもんですね。」との感想を頂きました。(注、ヤラセではありません)
残念ながら、冬の海らしいスコーンと抜けた透明度とは行きませんでしたが
この季節ならではのシーンを楽しんで頂けたようです。

今日は砂地で大きなヒラメやカレイをよく見かけました。
こちらはメイタガレイ。
2013-2-9メイタガレイbyウサLOVEさん写真提供:ウサLOVEさん

ヒラメとカレイの見分け方は、よく「左ヒラメの右カレイ」といいますが、
寄り目でおちょぼ口がカレイ、離れ目で口角の下がった大きな口がヒラメが私流の見分け方。
今度、それで見分けて見てください。分かりやすいですよ。

他には、ムレハタタテダイ、ベニカエルアンコウ、イロカエルアンコウ、アカホシカクレエビ、
キンギョハナダイ、オルトマンワラエビ、ゼブラガニ、クロホシイシモチの群れ
アオリイカ、浅場にはイトマキヒトデやバフンウニいっぱい・・・

水温:13~14℃
透明度:8~10m