ぴっころ日記

伊豆のダイビング&トレッキングガイド「ぴっころ♪」のひとりごとです。

伊豆の海・山あそびは、ダイビング&トレッキングぴっころにお任せ!
URL http://www.sts-pikkoro.com

2015年10月

マクロなアイドルいっぱい@黄金崎

今日は『穏やかな海でのんびり潜りたい』というゲストさんのリクエストにお応えして
西伊豆の黄金崎ビーチへ行って来ました。

天気予報は北東のち西の風。
朝は北東の風で東伊豆の海はパシャパシャ。
風が西風になっても、黄金崎の海は北を向いているので大丈夫。
という理由から黄金崎をチョイスしたのでした。


前回、見ることが出来なったウミウシカクレエビ
1029_ウミウシカクレエビ 
大きい個体は3cmほどあってビックリ。伊豆で見た個体では最大級でした。




ウロウロと動き回って、探すのに一苦労なウミテング
1029_ウミテング
飛べない鳥、のように魚なのに泳がず水底を歩いています。




よくソフトコーラルの影に隠れているアオサハギ
1029_アオサハギ
こっちの様子をチラ見する目つきがカワイイ。
 



ガラスハゼ
1029_ガラスハゼ パラサイ
 よくみたらパラサイト(寄生虫付き)でした。



赤い模様がクマドリちっくなイロカエルアンコウ
1029_イロカエル レモンイエ
大きさ1cmほどで超カワイイ♪
でもこのレモンイエローはハレーション起こしちゃって難しい・・・

他にも、 フィコカリス・シムランスっていう今流行のへんてこりんなエビも観察出来、
マクロ生物いっぱいで、初めてのゲストさんも楽しんで頂けたようです。


潜水地:黄金崎ビーチ
天候:晴れ時々くもり
気温:21℃
水温:21~22℃
透明度:10~12m
観察した生物:シビレエイ、カミソリウオ、トガリモエビ、ホウボウ、ホタテウミヘビ、タカサゴの群れ、
ムレハタタテダイ、キツネベラの幼魚、イロカエルアンコウ、ウミテング、ガラスハゼ、
ウミウシカクレエビ、オニカサゴ、クマノミ、ネンブツダイの群れ・・・



紅葉の秋@奥秩父

10月もそろそろ終わりに近づき、秋も深まってまいりました。
海はダイビングのベストシーズンですが、山の方も紅葉のシーズンになりつつあります。
伊豆の紅葉はまだ先なので、一足先に紅葉を先取りしに奥秩父へ行って来ました。
※クリックすると大きな画像でご覧いただけます

1021_黄葉




先週、登ってきたのは、こんな山。
1021_ミズカキ山
魔女が住んでいそうな岩山ですが、山梨県の瑞牆山(みずかきやま)です。
日本百名山のひとつで標高2,230m、日帰りで登れる人気の山です。




登山道は、カラマツやカエデ、ミズナラなどの落ち葉でカラフルな絨毯を敷き詰めたよう。
1021_紅葉
サクサクと落ち葉を踏みしめて歩くのは、この時期ならでは。
とても気持ちが良かったです。



翌日登った金峰山山頂。
1022_金峰山山頂
こちらも日本百名山のひとつで、標高2,599m。




金峰山から見た瑞牆山。
1022_金峰山からのみずかき




遠く雲の上に浮かぶ富士山。
1022_富士山
富士山みつけると誰もが笑顔になりますね。
日本人の心。富士山、やっぱりステキ。


帰りの車窓から見た景色。
1022_カラマツの黄葉
カラマツの黄葉がとってもキレイでした。
紅葉の秋と日本百名山2座登頂を楽しんで来ました。


体験ダイビング@八幡野

天気予報もズレて快晴で暖かい一日となった今日は
体験ダイビングでご来店のゲストさんと八幡野で潜って来ました。

エントリー早々、アオリイカがいっぱいお出迎え。
太陽がサンサンと降り注ぎ、キラキラした水中はとっても気持ちよかったです。

1027_アオリイカ



角の生えたトラウツボ。
怖い顔してるけど、何もしなければ、襲ってくることもありません。
1027_トラウツボ
海の中でも、森の中でも、自然の中にお邪魔しているのが私達人間。
自然に優しく、常に謙虚な気持ちで、接したいですね。



初めての体験ダイビングのTさん(写真右)と、
今回6回目というベテラン体験ダイバーのSさん。
1027_体験



お二人とも楽しそうに潜ってました♪
1027_体験2

次はライセンスコースに挑戦しましょうね。
もっと楽しい、もっと刺激的な世界が待ってますよ。


ストレスはないのが一番!

今朝は冷え込みましたね。でも日中は太陽サンサンと暑いくらいのダイビング日和。
そんな中、今日はIOPへ行って来ました。

まずはプールへ。
50mプール貸切でリフレッシュコース。

1026_プール
 
プランクが空いた常連のゲストTさん。
いつからか、なんだか怖くなってしまったそう。
怖い→潜らない→ブランク→余計怖い 
まるで負のスパイラルですね。

1026_水底
 

今日は体調を整え、浅いプールでスキルの復習からスタート。
苦手なマスク関係を克服しようと、マスクなし呼吸などしっかり練習。
1時間ほど練習後、怖くなくなって来たということで、海へ。

多少パシャパシャする海でしたが、問題なくエントリーし、無事に潜行。
途中から写真を撮ったり、こんなカワイイ生物達を見つけられるほど余裕も出てきたようです。

ミナミハコフグ幼魚
1026_ミナミハコフグ



クマノミの赤ちゃん
1026_クマノミ


良かった良かった。
ダイビングってメンタル部分大事なんです。
ストレスが積み重なるとやがて何かをきっかけにパニックを引き起こすことも。

ダイビング後半に、やっと見ることが出来たゲストさんの笑顔。
ログブックに「これでダイビングが続けられそうです」というコメント。
それらを見て、嬉しくてちょっぴり泣けそうなぴっころでした。


潜水地:伊豆海洋公園(IOP)
天候:晴れ
気温:18℃
水温:22℃
透明度:8~12m


1026_フリソデエビ
フリソデエビも見てきました♪

行列のできるダイビングポイント

今日は北東の風が強く、そんな時は八幡野へ。
川奈がクローズ、富戸やIOPは注意だったそうで、ダイバーいっぱいで行列が出来ていました。

1025_ダイバーいっぱい



そんな混雑した中でも、八幡野の水底の砂は粒子が大きく巻き上がってもすぐに沈み、
濁りにくいのでクリアな海が楽しめました。
 

そして、そろそろ発見から1年になるネコザメの赤ちゃん。
1025_ネコザメ赤ちゃん



カミソリウオも何個体か、砂地を揺られていました。
1025_カミソリウオ
 


アジ根には、ミノカサゴの幼魚。
1025_ミノカサゴ幼魚
 


おなじみベニカエルアンコウ。
1025_ベニカエルアンコウ


他にも、アカカマスの群れやクマノミの赤ちゃん、マツカサウオの赤ちゃん、ツノダシ
ホシテンスの幼魚、ハナタツ、キリンミノの赤ちゃんなど、観察して来ました。


潜水地:八幡野ビーチ
天候:晴れ
気温:21℃
水温:22℃
透明度:10~15m


チャレンジ!

今日はアドバンス講習のゲストNさんと一緒に富戸へ行って来ました。
八幡野はウネリが大きく潜水注意、IOPもあまりコンディションが良くなかったらしく、
ヨコバマはダイバーいっぱいで大繁盛していました。
3ダイブ予定だったので、私はドライスーツで潜りましたが、
まだ2/3位の方がウエットスーツで潜っていました。

1本目はディープ、2本目はナビゲーション、3本目はフォト(水中写真)と
テーマをもってダイビング。
初めての18mよりも深い世界や、コンパスを使って方向感覚を養ったり、
新しいことに挑戦しているゲストさんは、とっても生き生きしていました。


そんなNさんの初めての水中写真その1。
写真に映りたがりで、寄ってくるミノカサゴ。
背びれに毒をもっているだけあって、逃げずに悠然と泳いでいます。

1024_ミノカサゴ Nさん
(画像提供:Nさん)

その2。
方々にいたホウボウ(苦笑)
逃げる瞬間に広げた胸鰭のブルーがキレイ♪
1024_ホウボウ Nさん
(画像提供:Nさん)
 
 次回も新しいことに挑戦、楽しみましょう!

 
潜水地:富戸・ヨコバマ
天候:晴れのち曇り
気温:22℃ 
水温:22℃
透明度:10~12m
観察した生物:イロカエルアンコウ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、オキゴンベ、アオリイカ、
ミナミハコフグ幼魚、ヨスジフエダイ、ハナハゼ、クロイトハゼ、クリアクリーナーシュリンプ・・・
 

今日もいい海でした

今日は5ヶ月ぶりのダイビングというゲストSさんと一緒に八幡野で潜って来ました。
最後に潜ったのは5月ということで、今年の夏はウエットスーツで潜らなかったなぁと
寒がりな彼女はドライスーツに、せめてフードはなしで海を感じながら潜っていました。
まだ水温は21~22℃あるので、ウエットでも潜れるんですけどね。
寒がりな方はドライスーツになってきている今日この頃です。


海の中は、うねりで浅場は揺れていますが、透明度も良好。
15mは見えていると思います。

おなじみクマノミとミツボシクロスズメダイの幼魚。
1023_クマノミ
今年はミツボシクロスズメダイの幼魚がいっぱい出現してます。



中層にはアカカマスの群れがキレイでした。
アカカマスを見てるとサンマが食べたくなるのは私だけでしょうか。
1023_カマスの群れ




行方不明になっていたキリンミノの幼魚が復活。
1023_キリンミノ

近くにいたハナタツも復活。
いったいどこへ隠れていたんでしょう。
そんな生物との一期一会が楽しいんですけどね。



ウネリで舞い上がる海藻にまぎれながら、赤いカミソリウオが砂地を漂っていました。
1023_カミソリウオ赤
他にも黒や緑色といろいろいたようです。



潜水地:八幡野ビーチ
気温:21℃
水温:21~22℃
透明度:15m
観察した生物:ホシエイ、ネコザメ赤ちゃん、ベニカエルアンコウ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ
コガネキュウセン幼魚、カミソリウオ、ツノダシ、マツカサウオ幼魚、イソギンチャクエビ・・・


父と娘のプライベート登山

今日は、金冠山まで行って来ました。
中伊豆のだるま山高原レストハウスから往復約5kmのショートトレッキングです。

今回のゲストさんは、脳梗塞で倒れた後、右半身に麻痺が残るお父さんとその娘さん。
リハビリを兼ねての、のんびりゆっくりの山歩きでした。
 
1019_リハビリ登山
 
お父さんを介助する娘さん。見ていて心が温かくなりました。
ゆっくり歩いたとは言え、半身に麻痺があるとは思えないほどしっかり歩けていました。


道中では、美味しそうなガマズミの実がいっぱい生っていたり
1019_ガマズミの実



あちこちに群生していた白い花。カントウヨメナかな?
1019_お花




1時間半ほどで金冠山到着。
1019_金冠山
誰もいない頂上を貸切。
富士山はもちろん、戸田の港から三保の松原まで見ることが出来ました。



野鳥の森を通って歩くと、コケやキノコがいっぱいでした。
1019_きのこいっぱい

往復約5km、歩行時間4時間のリハビリ登山。
万が一の時のために、エスケープルートと車でのお迎えも準備していましたが、
問題なく終了することが出来てホッとしています。


今日も西へ

今日は西伊豆の黄金崎へ行って来ました。
東伊豆の海はまだ大荒れで、全ポイントクローズだったので。
今日のゲストは、ウエットスーツ派のHご夫妻。
今年もそろそろ潜り納め・・・ということで、最後に八幡野リクエストだったのですが
初めての、そして穏やかな黄金崎ビーチをまったりと楽しんで頂きました。


透明度は10mほど、でも太陽の光が差しこみ、実際の透明度よりもキレイな印象を受けます。
中層を群れていたイサキの子供たちもキラキラしていました。
1018_イサキの群れ




1cm程度のイロカエルアンコウ
1018_イロカエル
オレンジ色の岩肌に混じってかくれんぼ。
最初に見つけた人はスゴイなぁ



そして砂地にはウミテング。
ペアかと思って2匹を近づけるとなかなか一緒にいてくれない・・・
どうやらオス同士らしいとのことでした。

1018_ウミテング Hさん
(画像提供:細田ご主人さま)
スゴイ、どアップ!



そして、海草にくっついていたトガリモエビ。
1018_トガリモエビ Hさん
(画像提供:細田奥様) 
つい丸い模様に目が行きますが、エビの顔は右側で、白いのが目です。


かくれんぼしてるアミメハギ
1018_アミメハギ
(画像提供:細田ご主人さま)


他にも、ハナタツ、黒いイロカエルアンコウ、ガラスハゼ(抱卵中)、ハナハゼ、クロイトハゼ、
ヨコシマクロダイ幼魚、ヨスジフエダイ幼魚、オグロクロユリハゼ、クロホシイシモチの群れ
クロイトハゼ、ソラスズメダイ、などを観察して来ました。


潜水地:安良里・黄金崎ビーチ
天候:晴れ
気温:23℃
水温:21~22℃
透明度:10m
 

ケーブダイビングってアドベンチャー!

今日は西伊豆の雲見へ行って来ました。
もともと『雲見へ行って見たい!』というHご夫妻からのリクエストだったのですが、
北東の風が強く、また台風のウネリも入って来ていて、東伊豆のダイビングポイントは全滅状態でした。


1017_ボート
 

東伊豆の海の大荒れがウソのように穏やかな西伊豆の海。
ちょっと車を走らせればこんなに穏やかなんて、伊豆半島ってやっぱりスゴイ。

海の中は透明度6~10mとあまりスッキリしない感じでしたが、
初めての雲見の地形を、穴をくぐったり、壁をよじ登ったりと、アドベンチャー気分で楽しんで来ました。
やっぱり暗い穴の中に入っていったり、穴の中から外を見ると青い光がとってもキレイ。
いつもと違ってドキドキわくわく、ちょっぴり刺激的なダイビングでした。

1017_CAVE



1ヶ月前に来た時より、だいぶ成長していたクマドリカエルアンコウ。
1017_白クマ



別に珍しい魚ではありませんが、カゴカキダイがキレイに群れてました。
1017_カゴカキダイ



1cm程度の極小のイロカエルアンコウ。
水中ノート用のぺンで大きさが分かりますよね?
1017_イロカエル

現地ショップの糸井さんに情報頂きました。ありがとうございます!

 
潜水地:雲見・牛着岩
天候:くもり
気温:21℃
水温:21~22℃
透明度:6~10m
観察した生物:ツノダシ、ソメワケヤッコ、スミツキベラ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、クロユリハゼ
コロダイ、オルトマンワラエビ、ツマグロハタンポ、マツカサウオ、ニシキウミウシ、アオウミウシ、


 
ギャラリー
  • シーズンギリギリの富士登山
  • 飯豊山へ
  • 初体験のテレビ撮影
  • 6/3(土)本栖湖クリーンアップ2017
  • 5/8 お花情報@天城山
  • スプリング・デビル
  • ベニクダウミヒドラ
  • 春の妖精に会いに
  • 冬らしくない冬
  • 矢筈山スノートレッキング
  • 奥多摩・浅間嶺へ。
  • 海の中にも振袖
  • 初詣トレッキング@大山
  • メリークリスマス@IOP
  • ジオの恵みダイビング&ランチ
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード