ぴっころ日記

伊豆のダイビング&トレッキングガイド「ぴっころ♪」のひとりごとです。

伊豆の海・山あそびは、ダイビング&トレッキングぴっころにお任せ!
URL http://www.sts-pikkoro.com

2015年08月

富士山御殿場口にて。

image


今日から4日間は、富士山御殿場口新5合目が私の勤務地です。

image

山頂では強風が吹き荒れていて登山向きではない状況です。
大砂走りを下山してくるグループが見えました。
山小屋から登山を諦めて下山してきたのでしょう。
懸命な判断だと思います。





週末は八幡野でダイビング

富士山五合目より下山し、週末はダイビングでした。
北東の風の影響で混雑する八幡野で潜って来ました。
土曜日は、 先日のジュニアオープンウォーターのラストダイブ。

0829JOW

 貫禄の10才のダイバーの誕生です。
ライセンス取得おめでとう!



そして、今日はファンダイビングのガイドでした。
気温22℃と冷たい雨の中のダイビングでしたが、水中は温か。
水温26℃、透明度20mの海の中をのんびり楽しんで来ました。


続々と南方系の生物が登場です。

ナンヨウツバメウオ
(画像提供:新村さん)

葉っぱにそっくりな、ナンヨウツバメウオの幼魚。
水面に写った影もステキですね。

こちらも葉っぱにそっくりな、カミソリウオのペア。
0830_カミソリウオ
キレイな緑色と茶色のペア。


こちらは茶色のペア。
0830_カミソリウオ_
あと、赤い個体もいたそうです。


オニハタタテダイの幼魚。
0830_オニハタタテダイ
顔が黒いのがハタタテダイとちょっと違います。




0830_ダイバー
透明度20mの青い海。
とっても気持ちよかったです♪



須走口5合目より

image


今日も須走口にいます。
朝は大雨だったここ5合目も今は、穏やかな晴天に。その後、霧に覆われたり、やっぱり山の天気は変わりやすいです。

昨日雨の中登って、強風のため登頂を断念して下山してきた方は、この青空が嬉しいやら、悔しいやら。
でも、これも自然。
またいつかリベンジして欲しいと思います。

しかし、外人さんだけでなく、ジーパンにトレーナー、ビニールカッパで登頂しようとする人の多いこと。

ちゃんとした装備で登れば、もっと快適安全な山登りが出来るのになぁ…とつくづく思います。

そして、登山装備にお金をかけていない人に限って、悲しいかな富士山保全協力金も協力してくれない人が多い。
強制にしてしまえばいいのにと、思うぴっころでした。

image

フジアザミの蜜を吸うアサギマダラ



ただいま大瀬崎

富士山五合目から下山し、さぁ週末の仕事は海!
と思ったら台風の影響が・・・
折りしも今日はゲストさんのリクエストで雲見へ行く予定でしたが、残念ながら、クローズ。
ということで、台風直撃でもない限り潜れるダイバーの聖域『大瀬崎』へ行って来ました。
あ、ちなみに読み方は「おおせざき」ではなく、 「おせざき」ですよ。
通は「おせ」 と呼びます。

本日のゲストさんの海洋実習が大瀬だったとのこと。
それ以来潜っていないという大瀬、そして今日は150本目。
150本ぶりに、大瀬での初ファンダイブとなりました。

まずは、湾内へ。
多少のウネリはあるものの、海況は殆ど問題なし。
湾内は海水浴場エリアがあり、ダイバーは中央より左側からエントリー。
表層は白っぽく、5m程度の透明度も、水深15mでスキッと抜けて20m位見えてました。


水深25m付近、ビンの中に住んでいるミジンベニハゼ
0822_ミジンベニ
(画像提供:ホソダ旦那さま)
緑の瞳と、下がった口角が超カワイイ♪
ステキな写真、ありがとうございます!



アオリイカ産卵床跡の漁礁には、ムレハタタテダイがいっぱい。
0822_ハタタテダイ

季節来遊魚の代表的存在のこの子達を見ると、なんだかトロピカルな気分になりますね。



2本目は、土日祝日限定のポイント「岬先端」へ。
台車に器材を載せ、ゴロゴロ押して歩くこと約10分。
大瀬神社の敷地内なので通行料100円を支払って入場します。

エントリーはこんな感じ。
0822




中層にはキンギョハナダイの乱舞。
0822_キンギョ乱舞




いきなり、シマアジの群れも登場。
0822_シマアジ




ヤギに巻きつきポリプを食べているハナオトメウミウシ。
 0822_ハナオトメ
(画像提供:ホソダ奥様)

 

トゲトゲがカワイイ、イバラタツ
0822_イバラタツ


いつも潜っている東伊豆の海とはエントリーの仕方も、地形も、見られる生物もちょっと違って、
新鮮な感じで楽しまれていました。
そして、150本達成おめでとうございました!


富士山保全協力金

6cb418e7.jpg

富士山が世界遺産となってから始まった富士山保全協力金。
協力金を納めて貰える記念品は、ガイドブックと缶バッジ。
登山口によって色が違うので、全部集めてコンプリートしたくなります。

ちなみに、山梨県の吉田口が黄色、静岡県の富士宮口が青、
御殿場が緑色、須走口が赤の全4色と
なっています。

皆さんが納めた保全協力金は、山小屋にヘルメットやゴーグルを配備したり、
登山道の混雑時に安全誘導員を配置したり、診療所の開設期間を延長したり、
道標の整備などに使われています。

今週は、須走口の5合目でその保全協力金を納めるカウンターにいて、
登山者の方に登山のアドバイスをしに来ています。
と、言っても今は土砂降りで登る登山者はほとんどいませんが…。

皆さんも登るときは、是非ご協力お願いします。

ブランクダイバー登場@八幡野

こんにちは。
お盆休みの最終日となった日曜日の今日は、10年来のゲストであり、
伊豆に移住してきてからは親友と言っても過言ではない友達が潜りに来てくれました。

ログブックを見たら、2007年以来のダイビング!なんと8年ぶり!
ちょくちょく会っているので、まさかそんなにブランクダイバーとなっていたとは思いませんでした。
ログブックの記録の有難みというか、記録って大切ですね。

とそんな久しぶりのダイビングはやっぱり思い出の八幡野へ。
「8年ぶりなんて、そんなにブランクがある気がしない」と本人が言うだけあって、
器材のセッティングも水中でのスキルの復習も、中性浮力も、問題なし。
忘れてたことと言えば、器材の洗い方でしょうか。
覚えてたから良しではなく、これからはやっぱり少なくとも年に1~2回は潜って欲しいものです。
と言いつつ、久々に一緒に潜れて嬉しいぴっころでした。



余裕のピース?!
0816 余裕のピース




海藻にかくれたアオヤガラ
0816_アオヤガラ



目がうつろなネコザメ赤ちゃん
0816_ネコザメ



三角関係のベニカエルアンコウ
0816_ベニカエルアンコウ ペ
この写真のすぐ近くにもう1匹オスがいます


潜水地:八幡野ビーチ
天候:晴れ
気温:31℃
水温:24~26℃
透明度:8~15m
観察した生物:ネコザメ、ホシエイ、ヒラメ、カミソリウオ、ベニカエルアンコウ、アオヤガラ、
クロホシイシモチ、クマノミ、オジサン、ハタタテダイ幼魚、ヒイラギ、シマアジ、


 

スノーケリング@富戸

今日も暑かったですねぇ。
暑い日は海に浸かるに限ります。
今日は午前、午後とスノーケルのゲストさんとのんびり海遊び。


午前中はファミリーのお客様。
幼稚園生と小学2年生のお子さんでした。

富戸の港の中でまずは練習。
0816_スノーケル

その後、ヨコバマへ移動。
港に比べると水平線が見えて開放的な雰囲気に、子供いわく『本物の海だぁ~』ですって。笑
子供ならではの観察力で、動くものに素早く反応して、フナムシやヤドカリに大喜びでした。

0816_スノーケル 1
 

 
午後は、富士からご来店のご夫妻。
海外のリゾートで我流でスノーケリングをしたことはあったけれど、
道具の使い方などを習ったことはないとのことで、
スノーケルクリアや立ち方、泳ぎ方などを練習してから、ヨコバマへ。

ヨコバマでは、ソラスズメダイやアオリイカの赤ちゃん、サザナミフグ、
ウツボなどを見つけては楽しんでいらっしゃいました。

0816_スノーケル 2
 
 

ベニカエルいっぱい@八幡野

今日はやんもの里花火大会。
八幡野港に一年で一番多くの人が集まる日です。
いつものダイバーだけでなく、海水浴の人やBBQをやっている人、 
花火を準備している職人さん、夜店の準備の地元青年団と賑わっていました。

昨日から連続参加の2組のご夫妻のゲストさんと一緒に
そんな賑わいをみせている八幡野で潜って来ました。
海の中は、水温24~26℃と快適で、とっても気持ち良かったです。


最近、多く観察できているベニカエルアンコウ。
今日は合計5個体が観察できました。
こちらは、カイメンにすっぽりはまったベニカエルアンコウ。

0814_beni

画像提供:片野綾さん
ステキな写真、ありがとうございます!
(クリックすると大きな画像でご覧いただけます)


うじゃうじゃとゴンズイ玉。
正面顔はちょっとカワイイ?!

0814_ゴンズイ


潜水地:八幡野ビーチ
天候:晴れ
気温:33℃
水温:24~26℃
透明度:8~15m
観察した生物:カミソリウオのペア、ベニカエルアンコウ、ネコザメ、ヤマドリ、ホシエイ、
クマノミ、キンギョハナダイ、コチ、ネンブツダイの群れ、オキナワベニハゼ、テンロクケボリ、
ヒメイソギンチャクエビ、イソカサゴ、マツカサウオ、アオヤガラ幼魚・・・


穏やかになったIOP

今日は、昼ごろまで久しぶりの雨。
少し肌寒い感じの中、伊豆海洋公園で潜って来ました。
台風のうねりもようやく取れて、穏やかになった海。
水温は、表層は25℃と温かく、水底では20℃と冷たい潮が入って来ていました。
そして、南方系の生物達も少しずつ増えてきました。


砂地に群れているクロホシイシモチの群れ。
キラキラとしてキレイでした。

0813_クロホシイシモチの群れ



そして、オクリダシの入り江では、人気のミナミハコフグ幼魚が2匹。
2匹一緒って珍しいですよね。
0813_ミナミハコフグ
 
他にもウミテングの幼魚、ベニカエルアンコウ、コブダイの幼魚、ノコギリハギなど
いろんな生物が確認できました♪


潜水地:伊豆海洋公園
天候:雨ときどき曇り
気温:30℃
水温:20~25℃
透明度:8~20m
観察した生物:ベニカエルアンコウ、ウミテング幼魚、ノコギリハギ、クマノミ抱卵中、
コブダイ幼魚、ノコギリヨウジ、キンギョハナダイ、サクラダイ、オルトマンワラエビ、
カザリイソギンチャクエビ、カマスの幼魚、アオブダイ、ダルマガレイ・・・


プライベートガイド@富戸

こんにちは。
太平洋沖を北上している台風14号の影響で八幡野はウネリと濁りが・・・
富戸は北東の風で多少パシャパシャしてましたが、
問題なく潜れるレベルだったので、 富戸へ行って来ました。

プライベートガイドでのんびりと潜って来ました。
先月末にもご来店いただき、約2週間でのダイビング。
継続は力なり。中性浮力もつかんで泳ぐ姿勢も流線型を保ちキレイに泳いでいました。
今日は特に、海に生物に優しい泳ぎだし方や着底の仕方まで伝授して来ました。
これで砂地も、ハゼの巣穴も怖くない?!



「はい、口を大きく開けて」 
『アーン』
と、歯医者さんと患者さんのセリフが聞こえて来そうな図。

0811_ミノカサゴ
 
ミノカサゴをクリーニングしているホンソメワケベラです。


潜水地:富戸・ヨコバマ
天候:晴れ
気温:32℃
水温:26℃
透明度:6~10m
観察した生物:ミノカサゴいっぱい、アミメハギ、アオリイカ、ホンソメワケベラ、ダテハゼ、ハナハゼ
オオモンハタ、ヒメジ、アカハチハゼ、フタスジタマガシラ幼魚、ソラスズメダイ・・・



 
ギャラリー
  • シーズンギリギリの富士登山
  • 飯豊山へ
  • 初体験のテレビ撮影
  • 6/3(土)本栖湖クリーンアップ2017
  • 5/8 お花情報@天城山
  • スプリング・デビル
  • ベニクダウミヒドラ
  • 春の妖精に会いに
  • 冬らしくない冬
  • 矢筈山スノートレッキング
  • 奥多摩・浅間嶺へ。
  • 海の中にも振袖
  • 初詣トレッキング@大山
  • メリークリスマス@IOP
  • ジオの恵みダイビング&ランチ
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード