ぴっころ日記

伊豆のダイビング&トレッキングガイド「ぴっころ♪」のひとりごとです。

伊豆の海・山あそびは、ダイビング&トレッキングぴっころにお任せ!
URL http://www.sts-pikkoro.com

2013年09月

8日ぶりの八幡野

こんにちは。9月も最終日の今日は、終日曇りがちな伊豆高原でした。
風は北東よりだったので、近くのポイントは海況がよくなかったらしく、
平日にもかかわらず八幡野にダイバーが集まって来ていました。

台風20号でのクローズとツアーで、実に8日ぶりに八幡野で潜ってきました。
台風の贈り物か、カワイイこんな子が登場していました。

イロカエルアンコウ@八幡野
久しぶりのイロカエルアンコウです。
黄色に赤の模様が、クマドリちっくでカワイイ♪

他には、カミソリウオがアチコチに。
私は、7個体見つけました。きっともっといます。探してみてください。


潜水地:八幡野ビーチ
水温:24℃
透明度:8~15m
生物:カスザメ、カミソリウオ、イロカエルアンコウ、テンスモドキ、フタイロハナゴイ
アカホシカクレエビ、アカシマシラヒゲエビ、ナメラヤッコ、クマノミ赤ちゃん、
ミツボシクロスズメダイ幼魚、ホシテンスの幼魚、ホオジロゴマウミヘビ・・・

 

ダイブ&キャンプ@本栖湖

今週末は、晴天で行楽日和でしたね。そんな中、本栖湖へ行ってきました。
本栖湖は富士五湖のひとつで、唯一ダイビングスポットとなっている湖です。
今回は、急遽クリーンアップのボランティアに協力をし、湖底のゴミ拾いもして来ました。

これからゴミ拾い@本栖湖



海と違って、水草やいつまでも腐らない流木が神秘的な雰囲気です。
湖の中は神秘的な雰囲気
慣れない淡水ダイビング、浮力コントロールが難しい・・・
っていうか、中性浮力の練習にはもってこいかもしれません。


 
 そして、夕食はBBQ。
カンパイ!
今回、食材は現地の方にお願いして、楽しちゃいました。
お肉はもちろんのこと、旬のサンマ、厚切りベーコンやアボガドサラダ、
名物吉田のうどんなども、美味しかったです!



翌日の朝、朝食準備中。
 キャンプサイトでの朝食準備中
外で食べるご飯って何でも美味しく感じるから不思議です。



そして、カヤックで遊んで来ました。
ゆったりのんびりカヤック
湖なので、波もなく、今日は風もなくのんびり漕げました。



雲に隠れた富士山をバックに
雲に隠れた富士山をバックにハイポーズ!

2日間、天気に恵まれ、自然と遊び楽しんで来ました!
今回出来なかったキャンプファイヤーやトレッキングは次回にリベンジしたいと思います。
参加してくださった皆さん、有難うございました!

 

パラサイト・・・

こんにちは。
北上している台風20号、コースが悪く、東伊豆は月曜日からクローズ状態。
本州直撃はしないにしても、これからもう少し近づくので、今週は全滅って感じです。(つд⊂)エーン

ってことで、あきらめてPC向かって事務作業やら何やらやってます。
そんなこんなで画像整理していたら、こないだ撮影した変な画像を見つけました。

パラサイトなガラスハゼ

ガラスハゼです。
背中とお尻になんかついてますよね。
クリックすると大きな画像になりますので、よ~く見てください
今、流行のパラサイト(寄生虫)です。

パラサイト=寄生(きせい)とは、共生の一種であり、ある生物が他の生物から栄養やサービスを持続的かつ一方的に収奪する場合を指す言葉である。収奪される側は宿主と呼ばれる。(ウィキペディアより)

ちなみに、こちらも
パラサイト・シングル
は、「学卒後もなお親と同居し、基礎的生活条件を親に依存している未婚者を言う」と定義されている。(ウィキペディアより)

この宿主となっているガラスハゼは4匹のパラサイトに寄生されているようですが、
身体が重たかったり、痒かったりしないのかなぁ。
パラサイトシングルの宿主の親御さんのように、一緒にいるのが普通で愛着があるのでしょうか・・・
ガラスハゼに聞いてみたいものです。

今日は初島で潜ってきました!

こんばんは。
連休中日の今日は、静岡県唯一の有人島、初島へ行ってきました。
熱海からたった20分たらずで、リゾート気分。
島は大勢のダイバー、観光客で賑わっていました。

海の中もダイバーでいっぱい。
そのせいか、いつも愛嬌をふりまいているジョーフィッシュも今日はナーバス。
巣穴の奥の方で、行き交うダイバーたちを警戒し、なかなか顔を見せてくれませんでした。

でも、大勢のダイバーが泳いでいたわりには、透明度は10~15mほど見えていました。
ネンブツダイやクロホシイシモチの幼魚(多分)が固まってキラキラとしていたり、
カンパチが中層を泳いでいたり、タカベやムツの群れもいて、ワイドな景観が楽しい海となりました。

ウスアカイソギンチャク@初島
お花みたいなイソギンチャクがキレイでした

潜水地:初島・フタツネ
水温:25~26℃
透明度:10~15m
生物:カミソリウオ、ジョーフィッシュ、ムレハタタテダイ、コロダイ、オキゴンベ、ムツの群れ、
アオサハギ、アオヤガラ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、モンツキハギ幼魚、クマノミ、
カンパチ、タカベ、イトフエフキ幼魚、キンギョハナダイの群れ、ソラスズメダイ・・・

 

朝から晩までダイビング

今晩は。9月二度目の三連休は、いい天気でスタートとなりました。
先週末の連休は、台風18号の影響で、
お出かけもダイビングもガマンした方も多かったことでしょう。

さて、そんな行楽日和の中、今日はホームグラウンドの八幡野で潜ってきました。
今朝の朝一番では、砂地でトビエイの赤ちゃん。

トビエイの赤ちゃん
ちりとりサイズのカワイイ子でした。

台風でいなくなったミツボシクロスズメダイやカミソリウオも、
新たな小さな個体が多く観察出来ています。
他にも、ナメラヤッコ、アブラヤッコ、ヒレグロコショウダイ幼魚なども見つかっています。
あ、カレー味の?!インドヒメジもいっぱいいます。


そして、夜はナイトへ。
八幡野のナイトダイブの定番、伊勢海老、シマシマパジャマのアオヤガラ、
イタチウオ、ヒラメ、ハナアナゴいっぱいの楽しい海でした。

そしてこちらも。
夜のカスザメ

体長50cmくらいのカスザメ。
ライトの光に目がギラッと光り、遠くから簡単に見つけられました。
昼もそうだと楽なのに・・・。

潜水地:八幡野ビーチ
水温:25℃
透明度:8~15m
生物:トビエイ、カスザメ、カミソリウオ、ホシテンス幼魚、ムレハタタテダイ、
ナメラヤッコ、アブラヤッコ、インドヒメジ幼魚、アカホシカクレエビ、アカヒメジ
ヒレグロコショウダイ幼魚、クリアクリーナーシュリンプ、アカシマシラヒゲエビ、
アミメハギ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚、クマノミの赤ちゃん・・・
 

マスクのリニューアル

今、使っているマスク。
気づけば、沖縄時代GULLのアビームからこれに変更し、かれこれ10年くらい使ってる。
たしか、前の職場で新商品のモニター品でもらったもの。
丸いフォルムでコンパクトな女性用一眼マスクってことで、発売されたこのマスク。
レンズに小さくイルカのマーク入りだったけど、既に消えてる(^_^;)

壊れないと換えないんですよね、気に入った器材って。
でも、スカートにコケが生え、それが固着してとれなくなっていたので、新しいスカートに交換。
新しいマスク買え!って声が聞こえそうですが、まだ使えるものはもったいないし。
ついでに、インナーフレームを赤いのに変えて、お色直し。
これでオリジナルのマスクの出来上がり♪

TUSA『TINA』ぴっころオリジナルバージョン
マスク、リニューアル
赤い部分のフレームを好きな色に変えられます。
こういうちょっとした工夫で、器材に愛着わいてさらにダイビングが楽しくなりますね。



こちらが使い古したスカート。
使い古したスカート
変色してるし、黒いカビ?コケ?も・・・。
コレを顔につけてたかと思うと・・・ぞっとしますね。


 
ちなみに今日、ボートでのポイントリサーチで初めて使用。
そしたら、マスクが曇る曇る。で、マスククリアしっぱなしで、鼻水ズルズル。
透明度がイマイチなのか、マスクが曇るせいなのか、よくわからない海でした。

新しいスカートだから曇るのかと思ったら、ボートでの移動中に波をかぶり
曇り止めが完全に洗い流され、効果ゼロとなってしまったようです。
市販の曇り止めと違って、粘液の少ないやしのみ洗剤の曇り止め、洗い流しすぎに注意です。
 

出たとこ勝負

こんにちは。今日も清々しい快晴。
何するにも気持ちの良い陽気となってきましたね。
今日は台風の影響で3日ぶりのオープンとなった八幡野で潜ってきました。
昨日まで潜水禁止、ということは下見なしのぶっつけ本番、でたとこ勝負のガイドでした。

潜ってみると、多少白っぽさはあるものの透明度も上々。
水温も26℃と温かく、気温と変わりませんでした。
海の中の景色は、砂地だったところが岩が露出していたり、
茶色に藻が生えていた砂地はキレイに白くなっていました。

生物達は、だいぶリセットされてしまった感じはありますが、
それでも、新しくやってきた生物たちとの出会いが楽しいダイビングでした。

ミナミハコフグの幼魚@八幡野 photo by がっきーさん
ミナミハコフグの幼魚 (画像提供:がっきーさん)
素敵な写真、ありがとうございます!

潜水地:八幡野ビーチ
水温:25~26℃
透明度:8~15m(午後になると濁ります)
生物:カンパチ、シマアジ、ハナアナゴ、ホオジロゴマウミヘビ、カミソリウオ、ムレハタタテダイ
ヒレグロコショウダイの幼魚、ホシテンスの幼魚、コクテンカタギ、モンツキハギ幼魚、
シマハギ幼魚、ミナミハコフグ幼魚、アカホシカクレエビ、イソギンチャクエビ、オルトマンワラエビ、
クマノミの赤ちゃん、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ノコギリハギ幼魚・・・

 

ぴっころサップに挑戦の巻

今日は台風一過の秋晴れ。
そんな清清しい行楽日和の中、
友人からの突然のお誘いで南伊豆は弓ヶ浜まで行ってきました。

弓ヶ浜

海岸線が美しい弓のような弧を描く、弓ヶ浜
白い砂がキレイでした。



本日の目的は、こちら。
SUPのボード

その名も『スタンドアップパドルサーフィン』略してSUP(サップ)です。
サーフィンとカヤックを足して2で割ったような感じ。



初めてのSUP

波で揺られるボートの上でバランスを取るのに、太ももの筋肉がプルプル。
流行のインナーマッスルが鍛えられるスポーツなんですって。



川にて練習

穏やかな川でのんびりと景色を眺めつつ漕ぐSUP。
とっても気持ちよかったで~す。
今度、一緒にやってみませう?
今回お世話になった方:湊海漕塾さん


八幡野ダイビング合宿

こんにちは。
昨日からご来店のお客様と、2日間で2ボート3ビーチ!
別名「八幡野ダイビング合宿」?のように、がっつり潜りこんできました。

昨日のボートは、NEWオープンしたポイント「おとじろう」と「さざえ根」
少し暗くて残念な透明度ではありましたが、どちらも、群れが凄かったです。

キンギョハナダイの乱舞@八幡野ボート
画像提供:新潟のWさん


おとじろう@八幡野ボート
画像提供:新潟のWさん
モデルはわたし。



マダラタルミの幼魚 
(画像提供:新潟のWさん)

こちらが今日みつけた子。私は伊豆でみたの初めて!
白黒のくねくね泳ぎは・・・アジアコショウダイの幼魚!
って思い込んで紹介したんですが、なんか違う・・・。
ソフトコーラルの上でクネクネ泳いでるなんておかしいし・・・実はマダラタルミの幼魚でした(^_^;)
私の頭の連想ゲーム、ちょっと違ってたけど、珍しいことには変わりないので許してください。



今回のダイビング合宿?にご参加の新潟のWさん。カミソリウオと格闘中。
新潟のWさん
素敵なお写真、有難うございました!



潜水地:八幡野ビーチ(9/11)
水温:24℃
透明度:8~15m
観察した生物:ハクセンアカホシカクレエビ、アキノハマカクレエビ、イソコンペイトウガニ、
アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビ、クリアクリーナーシュリンプ、
マダラタルミの幼魚、カミソリウオ、ガラスハゼ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、オトメハゼ・・・

 

うらめしやー

こんにちは。
2020年のオリンピック、東京開催に決まりましたね。
TVもそのニュースで持ちきりで、7年後の話ばかり。鬼に大爆笑されそうですね。
かくいう私も、人生初の東京オリンピック、今から楽しみにしています♪
7年後の自分がどこでどうしているか・・・もね。

今日は、下見で潜ってきました。
透明度も回復傾向にあり、太陽サンサンと降り注ぐ水中は泳いでるだけで気持ちいい♪
今日のお目当ては、明日からのゲストのリクエスト『ハクセンアカホシカクレエビ』
ハクセンアカホシカクレエビ@八幡野
ちょっと深い方に生息しています。今日は35mで発見しました。
両ハサミを前に揃え、左右に身体を揺らしながら宙を漂っている感じがまるで、幽霊。
「うらめしや~」ってしてるみたいに見えるのは私だけでしょうか。


潜水地:八幡野ビーチ
水温:22~24℃
透明度:10~15m
生物:カミソリウオ、テンスモドキ、アカホシカクレエビ、ハクセンアカホシカクレエビ
オルトマンワラエビ、マハタ幼魚、オトメハゼ、コクテンカタギ、サクラダイ、アカエイ
ワラサ、マダイ、キンギョハナダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、アカカマス・・・

八幡野の海 正
こちらが今日の海の様子。
一昨日の海、何かが違うのは、いつも見える伊豆大島が見えないってことでした。
写真だとわかりにくかったですかね?

 
ギャラリー
  • 伊東ダイバーズデーへ
  • 文化の日はダイビング日和
  • シーズンギリギリの富士登山
  • 飯豊山へ
  • 初体験のテレビ撮影
  • 6/3(土)本栖湖クリーンアップ2017
  • 5/8 お花情報@天城山
  • スプリング・デビル
  • ベニクダウミヒドラ
  • 春の妖精に会いに
  • 冬らしくない冬
  • 矢筈山スノートレッキング
  • 奥多摩・浅間嶺へ。
  • 海の中にも振袖
  • 初詣トレッキング@大山
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード