ぴっころ日記

伊豆のダイビング&トレッキングガイド「ぴっころ♪」のひとりごとです。

伊豆の海・山あそびは、ダイビング&トレッキングぴっころにお任せ!
URL http://www.sts-pikkoro.com

2012年07月

こっそり富士登山

実は昨日、富士山に登ってきました。
「一度も登らぬ馬鹿、二度登る馬鹿」と言われる富士山。
はい、私は6度も登る大馬鹿者です ^^;
富士山には登るルートが4つあって、
その2つの富士宮口と御殿場口からの登頂はまだ未経験なんです。

『思い立ったが吉日』と日曜日の夜に五合目付近の駐車場へ。
その頃、辺りは土砂降り。朝起きて雨だったらやめようと仮眠。
翌朝は、快晴の元、目の前にはどーんと富士山が聳え立っていました。

朝一番のバスに乗り、五合目へ。
7/30富士山五合目
今回は、五合目の標高が一番高い富士宮口から登ることにしました。
標高差約1300m。
近くを歩くガイドさんが「スカイツリー2個分です」と案内してました。
そういわれると高いんだか、低いんだか・・・

7/30 振り返ると既に雲の上
ちょっと登って振り返ると、既に雲の上


このルートは、最短で登頂できるルートですが、それだけに高山病も心配。
1分間18m、ってこれは浮上スピードですが^^; 
かなり気をつけてゆっくりゆっくり登りました。

7/30 万年雪@富士山

今まで独りで登る時は、「スタスタ」と登っては「ハァハァ」と息を切らして止まり呼吸を整える
ってパターンが多かったので、今回は「息を切らさない」が目標。

で、分かったことは、水中と似てるなぁってこと。
ダイビングでは基本、口だけで呼吸し、ゆっくりと動きますよね。
鼻から吐いてしまう時って、動きすぎて呼吸が乱れてたり、興奮してたり・・・?!
山登るときは、鼻呼吸だけで登るればいいんだって。
口で呼吸したい時(鼻だけの呼吸で苦しい時)は、ペースを落とせばいいんだってね。
これ、のども渇きにくくて良かったです♪
私はこれで自分のペースをつかむことが出来、高山病にならず、
そして結果的にコースタイムより速く、実質4時間30分で山頂到着出来ました。

7/30 山頂の鳥居



下山は御殿場口下山道の大砂走り
7/30 大砂走り
砂の斜面を駆け下りるのが気持ちいい!


静岡県側(伊豆側から)見た富士山。
中腹にえくぼのようなくぼみがあるのご存知ですよね、宝永火口です。
いつか来てみたかったんですよ、ココ。
7/30 宝永山までの砂の稜線
砂で出来た宝永山までの稜線。
両サイドは雲でなんだか、月の惑星みたい。


7/30 宝永山山頂
宝永山山頂 2693m
伊豆半島はすっぽり雲に覆われてました。

7/30 宝永山からの富士山頂
宝永山から見た富士山山頂。
火口の斜面が迫力でした!

下山は、あっという間の3時間。
日帰りで登れちゃうんですね。ちょっとビックリ。
でも、今日は筋肉痛と戦っています^^;
自分自身のトレーニングと下見も兼ねての富士登山。思いきって行ってよかった~♪
海も山も、やっぱ行かなきゃダメですね。

台風のウネリを避けて

今日は初島へ行く予定でした。朝8:15熱海駅に集合し、さぁ初島へ。
と、海況を問い合わせると、「上級者ならなんとか・・・」という現地の方のお言葉。
遠く小笠原近海にある台風10号からのウネリが入ってきているとのこと。
なので、私たちは大事をとって穏やかな西伊豆の井田へ行ってきました。

7/31富士山@井田
くっきりと富士山。やっぱりいいですねぇ。


水着でちゃぷちゃぷしてる海水浴の方もいました。
冷たくないかと思ったら、なんと水温26℃!
深いほうでも22℃と東伊豆とは違ってビックリ。

エントリーすると、何かが脚やフィンをつついてくる。
足元を見ると、婚姻色で少し黒っぽくなったソラスズメダイでした。
どうやら抱卵中のようで、私たちがお邪魔なよう。

7/31クロホシイシモチの群れ@井田


ゴロタの上では、ソラスズメダイの幼魚のブルー
キンギョハナダイのメスのオレンジ
クロホシイシモチのゴールドと
色とりどりの魚の群れが舞い踊っていました。

7/31キンギョハナダイの乱舞@井田


そして、本日めでたく200本ダイブ達成のアオヤガラさん。
ソラスズメダイと一緒に記念撮影。
7/31 200本記念@井田
おめでとうございます!
そして、初島リベンジしましょうね♪


☆7/31(火)
ポイント:西伊豆・井田
天候:晴れ
気温:32℃
風向:東
海況:穏やか
水温:22~26℃
透明度:8~10m
観察した生物:ホタテウミヘビ、ワニゴチ、イヤゴハタ、マハタの子供、アカハタ、
テンクロスジギンポ、コガネスズメダイ幼魚、アオヤガラ、クマノミ、
モンツキハギ幼魚、ツマジロモンガラ幼魚、アミメハギ幼魚
キンギョハナダイ・ソラスズメダイ・クロホシイシモチの群れ、イタチウオ

海鮮BBQ@八幡野

こんにちは。
今日は、八幡野漁協さん主催の海鮮BBQの日。
天気もよく、いい海と漁師さんたちの振る舞いを受けて楽しんできました。

1本目、砂地を探索しつつ進むとなにやら砂に潜ってる。
カスザメ!かと思ったら、横長だし・・・と砂を払うとドーン!
7/28ツバクロエイ@八幡野
大きなツバクロエイでした!
柄が左右対称なんですねぇ。
身体に似合わずシマシマで短い尻尾がご愛嬌。
珍しいエイなんですが、ここ1~2ヶ月たまに出現しています。

他にはヒラタエイいっぱい、ツバクロエイに人気を奪われたカスザメ、
砂に潜ったハナアナゴ、もぞもぞ動くベニカエルアンコウ、抱卵中のクマノミ
マツカサウオ、ミノカサゴの赤ちゃんなどを観察して来ました。

そして、お楽しみのBBQ。
7/28海鮮BBQサザエ

サザエ、サバ、イカ、アジ、カマス、ムツ、すり身汁・・・などなど
伊豆の海の幸を水面休息時間と2本潜ってからと2度も美味しく頂いちゃいました♪
ご馳走さまでした!

7/28海鮮BBQ@八幡野
イベントコンパニオンのお姉さん達と。

☆7/27(土)
ポイント:八幡野
天候:晴れ
気温:32℃
風向:西
海況:穏やか
水温:20~23℃
透明度:10~15m

深海の世界へ

こんにちは~。今日はゲストなし。
銀行行って、買い物して・・・と溜まった雑務がいっぱいでしたが、
なんせ暑くて暑くて、やっぱり海で涼んで来ちゃいました。

「海好き」さんのファンダイブにくっついて潜ってきました。
今日の狙いは、『エリマキエビ』だそう。
エリマキエビって私もお初でした。
7/27エリマキビ@八幡野
赤い襟巻きが特徴です。
水深は40m。いつもはもっと深いところにいるんだそうです。



7/27マトウダイ@八幡野
そしてこちらが深海魚として有名な、マトウダイ。
キレイにヒレを広げてくれました。


浅場はマアジの群れが美味しそう♪
やっぱり伊豆といったらアジですよね。って違うか。
7/27マアジの群れ@八幡野
明日は、漁協さん主催のBBQ!楽しみ♪

☆7/27(金)
ポイント:八幡野
天候:晴れ
気温:31℃
風向:南西
海況:穏やか
水温:19~22℃
透明度:8~15m
観察した生物:エリマキエビ、マトウダイ、アカホシカクレエビ、ゼブラガニ、サクラダイ
ヒラタエイ、カスザメ、ミノカサゴの赤ちゃん、クマノミ抱卵中、マアジの群れ
ベニカエルアンコウ、クロホシイシモチ・ネンブツダイ(口内保育中)・・・



気分は海水浴@IOP

こんにちは
今日も真夏日、海は穏やかで絶好のダイビング日和でした~
こんな日に潜らない手はないと、ご近所にお住まいのお客様を誘い出し
IOPでのんびりと潜ってきました。

7/26IOP

クーラーボックスに麦茶、サンドイッチ、おやつを詰め、気分は海水浴です。
海を眺めつつ、木陰で休憩しながら食べるランチは最高でした。

水中は幼魚がどんどん増えてきてかなり賑やかな印象です。
中層にはクロホシイシモチ、アオタナゴ、イワシ、マアジ、アカカマス幼魚と
キラキラした銀色の魚たちが群れていて、水面を見上げボーっとしてるだけで
陸上の暑さを忘れ、ダイバーで良かったと思う一時でした。

今日も少し流れがあったり、所々にサーモクラインがゆらゆらして
冷たかったり、温かったり、流れていたり・・・変化があって楽しいダイビングでした。

一昨日見かけたミアミラウミウシとムラサキウミコチョウ。
今日も、同じところにいてくれました。
726仲良しこよし@IOP
果たして2匹は仲良しなのか、
ウミウシ界のアイドルの座を狙うライバルとしてにらみ合っているのか
本当のところは、誰も知る由もありません^^;



☆7/26(木)
ポイント:伊豆海洋公園(IOP)
天候:晴れ
気温:31℃
風向:西
海況:穏やか
水温:19~23℃
透明度:10~20m
観察した生物:ホウボウ、ムラサキウミコチョウ、ミアミラウミウシ、ベニカエルアンコウ(ペア)
アオブダイ、サクラダイ、キンギョハナダイの群れ、クロソイ、ツマジロオコゼ幼魚、
ハナタツ、ミナミハコフグ幼魚、イタチウオ、ミナミギンポ、マツバスズメダイ、コガネスズメダイ幼魚
アカカマス幼魚、カゴカキダイ幼魚、クロホシイシモチ・ネンブツダイ(口内保育中)・・・


体験ダイビング

こんにちは。今日も真夏日、暑かったですね~。
でもここ伊豆高原は朝晩涼しく、昨夜窓開けっ放しでタオルケット一枚で寝てたら
今朝は寒くて目が覚め、朝からくしゃみ連発のぴっころです。苦笑
エアコンでの冷えすぎ、熱中症、体調管理に気をつけてこの夏も元気に乗り切りたいものですね。

そんな真夏日の絶好のダイビング日和の中、
ファンダイビングのお客様がお友達を連れてご来店。
7/25体験ダイビング
潜行するといきなり大きなブリが目の前に!びっくりしましたねぇ。
他にもムツの群れ、アカカマスの群れ、クロホシイシモチの群れに囲まれながらのダイビング。
スノーケルで見る世界とは違って、やっぱり水中は別世界、楽しんで頂けたようで良かったです。


☆7/25(水)
ポイント:八幡野
天候:晴れ
気温:32℃
風向:西
海況:穏やか
水温:20~23℃
透明度:10~20m
観察した生物:ヒラタエイ、大きなひらめ、ミナミハコフグの幼魚、ミノカサゴの幼魚、
クマノミ(抱卵中)、クロホシイシモチ・ネンブツダイ(口内保育中)、アオリイカ
ムツの群れ、ブリ、カゴカキダイの幼魚

7/25カゴカキダイの赤ちゃん@八幡野
エントリー口に群れるカゴカキダイの赤ちゃん。
大きさ1~3cmくらいで、超カワイイ♪


透明度回復@IOP

こんにちは。
今日は、はるばる新潟からご来店のお客様とマンツーマンでIOPへ。
リクエストのIOP、比較的穏やかでとってもいい海でした♪

エントリーすると透明度も上々。
7/24ツマグロハタンポの群れ

エントリー口に群れるツマグロハタンポの群れ。
他にも浅場にはアカカマスの赤ちゃんが群れていて、
3cmとまだ小さいのに一人前にハンター。
小さなアミや小魚を襲って捕食していました。

2本目、3本目とそれほど透明度も落ちることなかったですが、結構な流れがあり
岩につかまったり、帰りは流れに乗ったり、ちょっとドリフト気分も味わえちゃいました。

写真は、ハナタツ。
ペアでいるといわれ、いつも私が見つけられるのはどっちかの1匹のみ。
今日は粘ってペアの両方をやっと確認することが出来ました^^;
7/24ハナタツ@IOP photo by 新潟のWさん
(画像提供:新潟のWさん)
頭の皮べん、かっこいいですね。素敵な写真ありがとうございます!


こちらがWさん。
7/24写真撮影中のWさん
カメラを構える姿が決まっていますね。
時期にカメラを一眼レフにバージョンアップするご予定だとか。
また写真撮りに来て下さい。お待ちしています!

☆7/24(火)
ポイント:伊豆海洋公園(IOP)
天候:晴れ
気温:28℃
風向:西
海況:穏やか
水温:19~22℃
透明度:8~20m
観察した生物:イサキの群れ、コブダイ、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、クマノミ、イラ、
カモハラギンポの幼魚、アカカマスの幼魚、クロユリハゼの幼魚、性転換中のサクラダイ、
キンギョハナダイの群れ、イワシの群れ、イタチウオ、ツマグロハタンポの群れ・・・


今日もネコザメ!

こんにちは。
今日は太陽が戻ってきて、晴れて夏らしい一日となりました。
今シーズン初ウエットのお客様とホームグラウンドの八幡野の海へ。

時間帯(潮の干満)によって激変する透明度。
今日はどうかなぁ~と思ったら、かなり回復していました。ホッ

海の中でも夏を感じる今日この頃。
浅場でもイワシやマアジ、ムツ、ヒイラギなどが群れ、
あちこちに小さすぎて何の稚魚だかわからない小魚達が岩を覆い
ソラスズメダイの幼魚の数も増えてきて、海中に彩りを添えています。

そして、ここ3日間(土~月)、ネコザメ遭遇率100%。
今日は、カワイイ赤ちゃんが登場です。
7/23ネコザメ赤ちゃん@八幡野
隣においてあるのが、私のダイブコンピューター。
大きさの比較に置いてみました。
明日は何が現れるかなぁ・・・楽しみ



☆7/23(月)
ポイント:八幡野
天候:晴れ
気温:27℃
風向:北東
海況:ややうねりあり
水温:21~22℃
透明度:1本目8~15m/2本目6~12m
観察した生物:ネコザメ赤ちゃん、ヒラタエイいっぱい、ホオジロゴマウミヘビ、アカホシカクレエビ
スジコウイカ、アオヤガラ、マツカサウオ、ミナミハコフグの幼魚、
マツバスズメダイの卵を狙うオオモンハタやカワハギ、クロホシイシモチ・ネンブツダイ(口内保育中)・・・

リゾートダイバー?!

こんにちは。
今日もなかなか太陽が顔を見せてくれず、終日曇りの一日となりました。
でも気温は昨日よりあがったので、暑くもなく寒くもなくちょうどいい感じの陽気でした。

今日は伊豆は一年ぶりというリゾートダイバーになりつつあるご夫妻とともに、八幡野で潜ってきました。
気になる透明度は少し流れがあったものの1本目で8~12mと回復♪
ホッとしたのもつかの間、潮が引いた2本目では4~5mと変化が激しくなっています。

昨日、産み付けられたクマノミの卵は無事に受精したようで
主にオスがせっせと子育てをしていました。流行のイクメンですね。

ナイトで見かけたネコザメの赤ちゃんを探しつつ潜っていたのですが
残念ながら、赤ちゃんは見つからず、2本目の最後に大きなネコザメに遭遇。
かなりの老成魚らしく、背びれ近くにあるトゲが折れていました。
突然の大きなネコザメ出現にみんなビックリ、興奮したダイビングでした!

☆7/22(日)
ポイント:八幡野
天候:曇り
気温:23℃
風向:北東
海況:穏やか
水温:22℃
透明度:1本目8~12m/2本目4~5m
観察した生物:ヒラタエイいっぱい、ネコザメ、アカホシカクレエビ、シマウミスズメ、
ハナアナゴ、クマノミ、アオヤガラ、マツカサウオ、ミナミハコフグの幼魚、
オオスジイシモチ・クロホシイシモチ・ネンブツダイ(口内保育中)・・・




7/22ゲスト
ご来店ありがとうございました~♪







久しぶりのナイト・・・

こんばんは~。
今日は八幡野でナイトまで3ダイブしてきました。

昨日から濁った潮が入ってしまい、1本目の透明度は3~5m。
暗い水中は、昼間から魚たちも寝ていたほど。
ナイトダイブのいい予行練習になりました。^_^;

2本目は、クマノミのペアの産卵に立ち会っちゃいました!
メスが卵を産み付けては、オスが受精させ、共同作業せっせと頑張ってました。
この夏2回目、無事に受精して孵化することを祈っています。

7/21クマノミ産卵@八幡野


ナイトでは、いきなり大きなネコザメと赤ちゃんのネコザメ。
美味しそうなイセエビもうじゃうじゃ、パジャマを着たアオヤガラ
獲物を狙って殺気立ってるヒラメ、キラキラ光る夜光虫などなど
昼とは違った海の世界を楽しんできました。
日が暮れるまで待った甲斐がありましたね!


☆7/21(土)
ポイント:八幡野
天候:曇り
気温:20℃
風向:北東
海況:穏やか
水温:23℃
透明度:3~7m
観察した生物:ヒラタエイ、ハナアナゴ、ホオジロゴマウミヘビ、イタチウオ、
ミナミハコフグの幼魚、ミノカサゴ、アオヤガラ、クマノミ産卵中、ネコザメ
イセエビうじゃうじゃ、アカホシカクレエビ、テンスモドキ・・・

ギャラリー
  • 初体験のテレビ撮影
  • 6/3(土)本栖湖クリーンアップ2017
  • 5/8 お花情報@天城山
  • スプリング・デビル
  • ベニクダウミヒドラ
  • 春の妖精に会いに
  • 冬らしくない冬
  • 矢筈山スノートレッキング
  • 奥多摩・浅間嶺へ。
  • 海の中にも振袖
  • 初詣トレッキング@大山
  • メリークリスマス@IOP
  • ジオの恵みダイビング&ランチ
  • 冬至の海@IOP
  • 歳をとると・・・
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード