ぴっころ日記

伊豆のダイビング&トレッキングガイド「ぴっころ♪」のひとりごとです。

伊豆の海・山あそびは、ダイビング&トレッキングぴっころにお任せ!
URL http://www.sts-pikkoro.com

2012年01月

別れと出逢い


こんにちは~
今日は太陽の日差しが暖かかいですね。
ここ最近、雪が多かったり、冷え込みが厳しい今年の冬。

足の指のしもやけが例年よりもひどく痒くてしょうがないのですが、
私は、内心ちょっと期待しています。
何を期待しているかというと、知床の流氷の完全結氷!
やっぱり氷に穴開けてのホールエントリーしたいですもんねぇ。
来月の流氷ダイビングツアーまで良い子にしていたいと思います。




最近の伊豆の海の中は、別れと出逢いの繰り返しです。
歌の歌詞のようですね。

イソギンチャクから1匹、また1匹といなくなるミツボシクロスズメダイ。
そしてツノダシの数も減って来ました


そして、別れがあれば、新しい出会いもあります。
オオバウチワエビ

漁師さんに言わせると
イセエビよりも甘くて美味しいとのこと。
是非一度、食してみたいものです

普段は50~100mと深場に砂地に生息し、産卵のために上がって来ます。
この冬、初めてのご対面でした。

セナキルリスズメダイやツユベラの幼魚はまだ頑張っています



八幡野ビーチ 8℃
(1/30現在)

水温:15℃
透明度:15m

カスザメ、サカタザメ、オオバウチワエビ、
テンスモドキ、セナキルリスズメダイ、ベニカエルアンコウ、
ツユベラ幼魚、ナメラベラ幼魚、アカホシカクレエビ、
ゼブラガニ、イソバナカクレエビ、マツカサウオ、
オオモンハタ、アカハタ、ルリハタ・・・

備えあれば憂いなし


こんにちは
今朝も国道135号線より山側では雪という冷えた一日となりました。
最近、雪が多いですね~。
TVのニュースによると、裾野の方で、
昨夜凍結した道路で車が20台ほど立ち往生したとか・・・
そんな中、4WDの車に冬タイヤ
冬対策バッチリでご来店のお客様と元気に潜ってきました
備えあれば憂いなし、見習いたいですね。


海の方は・・・多少白っぽい感じはしますが
透明度15m、水温15℃でした。
一時上がった水温は、また下がってしまいましたね…残念。


八幡野ビーチ 6℃

水温:15℃
透明度:15m

カスザメ、アカハタ、ベニカエルアンコウ
フトスジイレズミハゼ、マツカサウオ、コガネスズメダイ幼魚
ミノカサゴ幼魚、アカホシカクレエビ、オルトマンワラエビ、
ツマニケボリ、ツユベラ幼魚、ミツボシクロスズメダイ幼魚
クマノミ、アオリイカ、アオヤガラ、アオタナゴ・・・



イクラの上にアカホシカクレエビ 
(photo by ひらひらさん:ありがとうございます!)

ダンゴウオ探し・・・(>_<)


こんにちは。
昨夜からの雪は雨になったり、アラレになったり・・・
とここ八幡野でも降り続いています。

海水温は17℃。気温5℃。
海からは湯気がモクモクとたってまるで温泉のようです。
なかなか見られない不思議な光景です。


そんな中、元気に1本潜ってきました~。
目的は『ダンゴウオ探し』

岩にくっついた赤い海草や岩肌にライトを当て
なめるように探していきます。
生物ってライトの光を当てると、目が光ったり、
タツとかは浮き上がって見えるんですよね。

しかし、結果は撃沈


そんな私を慰めるかのようにこの子が近づいてきてくれました。

気まぐれで出没するコブダイ君です。

いきなりのドアップ、デカ過ぎてちょっとビビったけど・・・



八幡野ビーチ 5℃

透明度:8~15m
水温:17℃

コブダイ、ホシテンス幼魚、ケラマハナダイ幼魚、マツカサウオ、
アカホシカクレエビ、オルトマンワラエビ、イソギンチャクエビ、
ルリハタ、キンギョハナダイ、イタチウオ、アオヤガラ、
アオリイカ、ホソカマス、ツマグロハタンポ幼魚、

女子会1泊ツアー


昨日、一昨日とリクエストツアーへ行ってきました
ダイビングを始めてから、ほぼ毎月八幡野に潜りに来てくれているお客様ですが、
伊豆にはポイントいっぱいあるし、他のポイントにも行ってみたいということで
今回は、西伊豆の黄金崎ビーチ&雲見へ行ってきました。

この冬の時期は、西風が吹き荒れ
クローズになることが多い西伊豆ですが、
二日間とも海は穏やか、透明度も上々
他にダイバーもいなくて貸切でのんびり楽しんで来ました



クロホシイシモチの群れ





クマドリカエルアンコウの白赤バージョン
通称「シロクマ」ちゃん

となりの黒いのは、コケギンポ
二人は友達同士?



こちらはイロカエルアンコウ

他にもオオモンもベニもカエルアンコウいっぱいで
八幡野に連れて帰って来たかったです。



そして、カワハギ?じゃなくてマトウダイ

マトウダイを見ると海の中も冬本番って気がします。


潜った後は雲見に移動し、温泉入って、ごちそうにニンマリ・・・




翌日は、富士山に見守られながらのダイビング




ダイナミックな地形を楽しんで来ました





今年の初潜りだったお客様たち、
2日間ともに干支にちなんでハナタツが観察出来て、ラッキーでした♪






帰りは、おなじみさくらでトコロテン食べ放題!
お腹いっぱいで帰って来ました


この2日間、ホームグラウンドで潜る楽しさとは違い、
覚えることいっぱいでいい経験でしたね~。
どこの海に行っても困らないスキルを身につけられるよう、頑張っていきましょう

Baby Face


昨日のガイド中のこと。
ふとトゲトゲトサカをのぞくと、何か糸のようなものが・・・と思ったら、
オルトマンワラエビの赤ちゃんでした~




私がこれまで見たオルトマンワラエビの中で一番小さいサイズ。
約3cm位かなぁ。
500円玉に乗っかるサイズです。


カメラに向かってピースサイン
じゃなくて、両ハサミを目いっぱい伸ばして威嚇のつもりでしょう。
やっぱり、赤ちゃんは何でもカワイイですねぇ


どこぞの母親からボヤキが聞こえそうです。
『あの子も赤ちゃんの時は可愛かったのに・・・』

ウソついたら・・・



こんにちは~
昨夜は、初雪で一瞬だけ真っ白な世界になった伊豆高原、
今日は、最高気温6℃と、この冬一番の冷え込みとなりました。

そんな中、元気に2ダイブしてきました。
水温はまだ16℃あるので、水中の方が温かいです
ドライスーツにウインターグローブ、フードでバッチリ快適なダイビングが楽しめます。

ここ数日よくみかけるのが
ハリセンボン


(画像提供:小町♀さん、有難うございます♪)

敵に襲われたりすると、水や空気を吸い込んで身体を大きく膨らませます。
よくお土産屋さんの軒先にぶら下がってますよね。
普段はこんな感じで針は折りたたんでいます。
ちなみに針の数は360本程度だそうです。
そうそう、嘘ついたら飲まされるのは、このフグではなく針1000本ですよね


八幡野ビーチ 6℃

透明度:10~15m
水温:16℃

カスザメ、ヘコアユ幼魚、セナキルリスズメダイ
ミツボシクロスズメダイ幼魚、クマノミ、ハリセンボン
コガネスズメダイ幼魚、ホシテンス幼魚、オビテンスモドキ幼魚
ツノダシ、マツカサウオ、フトスジイレズミハゼ、
アカホシカクレエビ、アカシマシラヒゲエビ、イソギンチャクエビ
トラフケボリ、ツマニケボリ、
アオリイカ、アオヤガラ、アオタナゴいっぱい・・・


今日は何の日?



こんにちは!
三連休明けの今日1月10日は、110番の日。
これは誰でも想像がつきますね。

他には、明太子の日、そして干瓢(かんぴょう)の日なんですって。
『へ~』

ここ伊東市では伊東の日。
当店では、ポイント2倍デーでした。

それを狙った確信犯の常連のお客様とマンツーマンでのんびり潜ってきました。
だって大きいですよね。
このポイント2倍デーに2ビーチダイビングを5回すると
(現金支払いに限る)6回目はタダですもんね
他の皆様もぜひご利用ください


と、そんなことはさておき海の中も良好で~す。


八幡野ビーチ 11℃

透明度:10~15m
水温:16℃

ヘコアユ、ツノダシ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、
セナキルリスズメダイ、コガネスズメダイ幼魚、クマノミ、
アカヒメジの群れ、シマウミスズメ、ホシテンス幼魚、ナメラベラ、
マツカサウオ、フトスジイレズミハゼ(ペア)、ミゾレチョウチョウウオ、
アカホシカクレエビ、オルトマンワラエビ、ニシキウミウシ、
コガネミノウミウシ、ムカデミノウミウシ・・・





いつの間にアチコチに増えたクマノミちゃん
もうここまで成長しれれば、越冬出来るでしょう。
ミツボシちゃんはあとわずかの命・・・かなぁ
ガンバレ



イズカサゴ


こんにちは
今日は三連休の中日ですが、
皆さんお正月休みのお疲れが残っているのか
寒さにコタツで丸くなっているのか
ダイバー少なくのんびりムードの八幡野の海です。


これからの時期は、普段は深海に生息する生物たちが観察出来るようになります。
キアンコウ、マトウダイ、バルスイバラモエビなんかもそうですね。


今日観察できたのはコチラのイズカサゴ


やはり、普段は水深100m位の所に生息している種類です。
今日は水深20m位のところでじっとしていました。
30cm位の大きな個体です。

船釣りの世界では「オニカサゴ」と呼ばれ、
美味しくて人気の魚だとか…。

カサゴのから揚げ食べたいなぁ~
ヒレがパリパリして、たまに口の中に刺さるけど、美味しいんだよね、これが。



八幡野ビーチ 10℃
透明度:15m
水温:16℃

イズカサゴ、アオブダイ、ハナアナゴ、ヘコアユ幼魚
ツノダシ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、アカホシカクレエビ
オルトマンワラエビ、ゼブラガニ、イソギンチャクモエビ、
ルリハタ、キンギョハナダイ、大きなヒラメ、コガネスズメダイ幼魚・・・



追伸。 今朝いつも通りに出勤したら、どんど焼きは終わってました

明日はどんどん焼き


こんにちは~
今朝は冷え込みましたねぇ~。
ダイビングセンター前のウッドデッキが凍っていて
あやうく転びそうになってしまいました。
皆さんもお気をつけください。



さて、アッという間にお正月も終わり、
ビーチには明日のどんどん焼きの準備がされています。
青空をバックに飾りが風になびいてとてもキレイです。





明日の朝、点火されます。
お正月の注連縄飾り、去年のお守りやお札、
人に見せたくない通信簿やテストの答案用紙
昔の彼女からの手紙・・・
ゴミとして捨てると罰が当たりそうなものなど
この際、何でもどうぞ

 

セナキルリスズメダイ

こんにちは。
昨日、今日と冬型の気圧配置となり、
西風が吹き荒れています。

こういう時こそ東伊豆のベストシーズン。
透明度が上がり、遠くまでスコーンと見えちゃいます。

水温16℃と下がってきていますが・・・
まだまだ南方系の生物たち元気なんです。
頑張ってるなぁ・・・と感心しちゃいます。


こちらは、11月中旬から観察されているセナキルリスズメダイ


背中が黄色いからセナキ。
他にもお尻の黄色いシリキもいます。
名前の付け方が単純ですね。
伊豆で見られるのは珍しいです。



八幡野ビーチ 10℃

透明度:15~20m
水温:16~17℃

カスザメ、ヘコアユ幼魚、ホシテンス幼魚
ミツボシクロスズメダイ幼魚、クマノミ、ヨスジフエダイ
セナキルリスズメダイ、ツノダシ、ハナアナゴ、
アカホシカクレエビ、イソギンチャクエビ、
ゼブラガニ、ケラマハナダイ、オヤビッチャ・・・




ギャラリー
  • 初体験のテレビ撮影
  • 6/3(土)本栖湖クリーンアップ2017
  • 5/8 お花情報@天城山
  • スプリング・デビル
  • ベニクダウミヒドラ
  • 春の妖精に会いに
  • 冬らしくない冬
  • 矢筈山スノートレッキング
  • 奥多摩・浅間嶺へ。
  • 海の中にも振袖
  • 初詣トレッキング@大山
  • メリークリスマス@IOP
  • ジオの恵みダイビング&ランチ
  • 冬至の海@IOP
  • 歳をとると・・・
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード