ぴっころ日記

伊豆のダイビング&トレッキングガイド「ぴっころ♪」のひとりごとです。

伊豆の海・山あそびは、ダイビング&トレッキングぴっころにお任せ!
URL http://www.sts-pikkoro.com

大判小判がザックザク その2

首都圏も緊急事態宣言解除になりそうな今日このごろ。
コロナも一段落の方向に向かっている感じですね。
でも伊東市では、3日前に市内初の感染者が出てちょっと緊張が走ってます。
今のところ、ご家族にも感染した人はいないようで、感染拡大はしていないようですが・・・。
油断大敵、しっかり感染予防を忘れずに過ごしましょう。



散歩の途中、道端にはコバンソウがいっぱい。
イネ科のコバンソウ(小判草)
コバンソウ_DSCN0402
小判のような花穂は約1cm。
よーく見ると虫のようです。
虫が苦手な人はあんまり見ないほうがいいかも。



先日、紹介したオオバンソウ(大判草)
4/19のブログで紫の花を紹介しましたが、その後は立派な実がいっぱい。
こちらは5cmくらいあります。これぞ、オオバンソウですね。
オオバンソウ_DSCN0574

足元の雑草もよーく見ると不思議がいっぱい。
ゆっくり歩くと、いろんなことに気付かされます。

久しぶりに潜りました

5月も下旬というのに、今日は肌寒い陽気となりました。
そんな中、18日から営業が再開された伊豆海洋公園で潜ってきました。

個人的に、親知らず4本抜歯のあとで潜れずにいたら、新型コロナウイルスが流行りだし・・・
ってことで、約2ヶ月ぶりのリフレッシュ兼下見ダイビングとなりました。

ほとんどダイバーのいないIOP
P5210001
トイレや更衣室、休憩室が広くなったり、使い勝手がよくなっていましたよ。

海の中は、すこーし白っぽい感じ。
透明度は10m程度。水温は18℃でした。

目の前を通過していくメジナの群れ
20200521_水中


カメ岩の周りで見かけた、スジハナダイ
20200521_スジハナダイ
赤いラインがキレイです。

クロスジウミウシ
20200521_クロスジウミウシ


背中が黄色い、セナキルリスズメダイ
20200521_キホシスズメダイ


ベニシボリ
20200521_ベニシボリ
大きさ1cmと小さく、チェック模様がキレイな貝です。

2ヶ月ぶりの海。
目に見るもの何でも珍しく感じ、お客さんの気持ちに近づけたダイビングでした。

当店は、6月から通常営業いたします。
ご予約お待ちしております。

キツツキ(啄木鳥)

200517_コゲラ_1 (2)
雨上がりの今朝の散歩では、葉っぱの上の水滴がとってもキレイでした。

200517_水滴



水滴_DSCN0347


木の上には、こんな鳥を見つけました。
逆光でシルエットになっていますが、真ん中あたりにいます。 わかりますか?
200517_コゲラ_1 (2)

そうです、キツツキ(啄木鳥)。
実は、日本には「キツツキ」という鳥はいないんです。

キツツキ科はあって、10種類のキツツキの仲間が日本に生息しています。
いづれも「アオゲラ、アカゲラ、コゲラ、クマゲラ・・・」と「ゲラ」とつく名前です。
「ケラ」とは、古語で「キツツキ」のこと。
英語では、ウッドペッカー=木を突く鳥。
英名のキツツキが日本に入ってくる前は、キツツキ科の総称を「ケラツツキ」と呼んでいたそう。
ケラとは、虫けらのけら。
虫をつついて食べるから、ケラツツキ、
それが転じてキツツキという説もあります。

今日観察したのは、コゲラ。スズメより少し大きいくらいのサイズ。
200517_コゲラ_1 (1)

キツツキの中で一番小さく、意外と身近にいるコゲラ。
公園を散歩中に『ギィー、ギィー』と鳴いたり、
木を突く音(ドラミング)が聞こえたら、周りを見渡してみてくださいね。


アウトドア&フィッシング ナチュラム
記事検索
ギャラリー
  • 海の中はCOOL
  • うの花
  • ♪この~木、なんの木?
  • ノハカタカラクサ
  • STAY HOME!
  • 渡嘉敷で見た魚たち
  • カンザシヤドカリ
  • STOP-THINK-ACT
  • 2020/1/26(日)熱海・玄岳トレッキング
  • 紅葉の天城路トレッキング
  • 11/16(土)海鮮BBQ@八幡野
  • 絶好のダイビング日和
  • 10月に突入
  • 昨日と今日は八幡野でした
  • スノーケリング@黄金崎
デル株式会社
プロフィール

pikkoro378

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
New Inspiron 17 3000 3793(2019年9月13日発売)